心地の良い場所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

外構

建築予定地は、車がないと不便です。
バスに乗ったことはありませんが、
バス停は山を下りた、4kmあまり先にあるようです。
スーパーやコンビニはさらに遠く、6~7km先。

車2台を家の前に置きたいので、土のままというわけにもいかず、
かといって、きっちりコンクリートで作ってもらうと、
夏は焼けて暑いかな…と思いました。

母屋に広い庭があるので、木は植えなくていいですと伝え、
とりあえず、道路との境から1mくらいをコンクリートで、
残りは芝生を植えてもらうことにしました。

さぁ、これで総額はいくらだと言われるのでしょう。
支払える金額だといいのですが…

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

建材メーカーの社長さんに相談

私が気に入ったAホームさんの家は、
国産杉の無垢材や貝殻を配合した漆喰、
炭を充填した畳などを使って建てられています。

ちょっと変わった名前を付けられた建材たち。
それらを作っている会社のホームページでは、
問い合わせメールを受け付けていました。

メールを送ると後日返信が届き、
社長さんと会って話を聞くことができました。

こだわって作った建材がなぜ健康に良いのかや、
その効果を第三者機関で裏付けた研究結果などを
教えてくれました。

私たちの話を聞くと、
「Aホームの社長なら、少し遠くても建築を引き受けてくれるはずですよ」と、
直接連絡を取ってくださいました。

その後、Aホームの営業さんから連絡をいただき、
設計士さんと一緒に2度打ち合わせをしました。
こちらの要望を伝えたところ、
次回、見積もりを出してくださるとのこと。

住宅地に土地を買って建てるわけではないので、
水道引き込みや排水設備の工事費用、
母屋と兼用の合併浄化槽の新規設置費用、
市街化調整区域での面倒な建築申請のための費用などがかかるようです。

それらを含めて予算内で離れを建てることができるのか・・・
不安だけど、次回の打ち合わせが楽しみです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

地震に強いことが最優先?

地震に強いのは、きっとSハウスさんなんでしょうね。

建築予定地は、活断層の上。
けれど、地震が起こることはほとんどありません。
江戸時代に、結構大きな地震があったようですが、
次にいつ起こるのか・・・

そのときは仕方ないんじゃないかと思い始めました。
何歳まで生きるかわからないし。

じゃあ何を優先して決めるのか・・・


ネットでいろいろ検索して情報を集めながら、
どんな家がいいか考えました。

そして、大きな書店の家関係の棚の前で、
たくさんの本を流し読みして、
気になる本を買い、知識を蓄えようとしました。

どの情報が真に正しいのでしょう・・・
自分にそれを見極める力があるのか、
正直言ってわかりません。
うそをついている会社や人はいないのかもしれないけれど。

そんな中、地元のハウスメーカー、Aホームさんの家が忘れられず、
その家に使われていた建材を作っている会社のホームページを隅々まで読み、
メールを送ってみたのでした。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

接着剤などのにおい

Sハウスさんの営業担当者は、きちんとした人で、
こちらが要望を明確な言葉にしなくてもわかってくれる人でした。
かゆいところに手が届くような・・・

断層のことを知ってから、一気にSハウスさんに気持ちが傾いた私たち。

完成見学会に参加し、何軒も家を見せてもらいました。
モデルハウスと比較すると、随分と見劣りはしたものの、
間取りやインテリアなどは悪くなかったです。

けれど私は、接着剤などの化学物質と思われるにおいが気になりました。
1、2年すればなくなるのかもしれませんが、
★★★★よりもさらにシックハウス症候群にならないよう、
安全な建材を使っていると聞いたような気がするのですが・・・

夫は、その点はあまり気にならないようでした。
ただ、鉄骨でも木造でも、完成してしまえば違いが分からないことには、
がっかりしていました。
無垢材のフローリングを使っていても、大して木の香りはしませんでした。

残念ながら、Sハウスさんは候補から外れてしまいました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

建築予定地は活断層の上

離れを建てるのは、夫の実家の隣です。

昨年、新聞に「△△断層を調査」という記事が載りました。
隣県の断層とつながる大きな断層である可能性があり、
調査するというもの。

△△、まさにその上に、夫の実家はあります。

「地震に強いのは、きっとSハウスだ」と思いました。
お高いけれど、地震が起きても安心な家っていいなぁ。

夫は、もっと手ごろな価格の家を建てる地元工務店に気持ちが傾いていたのですが、
Sハウスさんのおしゃれなデザインが好きなこともあり、
完成見学会に精力的に参加したのでした。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。