心地の良い場所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地方都市の住宅街から田園地帯へ

結婚後、2度の海外生活を経験した後、
地方都市に落ち着き、もう13年経ちました。

自然に囲まれ、適度に便利な生活を送りながらの子育ては、
そろそろおしまいに近づいています。

住まいを検討中の田舎は、夫の実家の隣。
ここから100km離れた、山に囲まれた田園地帯。

母屋はあるけれど、夏は暑く、冬はものすごく寒い。

亡き義父の「古い離れは倒しておいたから、自分たちで建てなさい」
という言葉を思い出し、7年前に一度地盤調査をしたものの、
夫の単身赴任が決まり、計画は中断しました。

子どもが巣立つのは、早くて2年後。
義母の一人暮らしが危なっかしくなってきたため、
夫が一足先に移住することになりました。

ローンを組むなら、あまり遅くない方が良いと考え、
離れの建築計画が進行中。

心地が良くて、楽しく年を重ねていける住まいが、できるといいなぁ。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。