心地の良い場所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

合併浄化槽

合併浄化槽の写真を載せていなかったので、今さらですが記事にします。

新居は、人口の少ない市街化調整区域にあります。
上水道が敷設されたのは、たぶん20年くらい前。
それまでは井戸水だけを使っていましたが、井戸が枯れたことはなかったそうです。
下水道が通る予定はありません。

義父母が建てた母屋には、トイレのための単独浄化槽が設置されていました。
その後、新たな建物には生活排水すべてを浄化するための、
合併浄化槽の設置が義務付けられたので、母屋の単独浄化槽は廃止し、
共同で使える7人用のものを設置してもらいました。

住人の数は関係なく、家の広さで大きさが定められているそうです。

IMGP1528 (500x375)
地中に埋める前の合併浄化槽(7人槽)です。
設置すると、自治体から補助金(544000円)をもらえましたが、
浄化槽設置工事60万や屋内設備工事、衛生設備工事、屋外給排水設備工事、申請経費等で、
232万円もかかりました。

もちろん月々の下水道代は不要です。
ただし、電気代やメンテナンス(検査や清掃など)に費用がかかります。

snap_enpituhab_2013567335.jpg
少ししか写っていませんが、これが離れの東側に設置された合併浄化槽です。
母屋と離れからの生活排水が、ここできれいにされています。

母屋の裏には、20年前大工さんに作ってもらった物置がありました。
建築計画時には、取り壊すことを考えていませんでしたが、
排水管が物置の下を通るため、取り壊しとなりました。

IMGP1535 (500x375)
かなり大きな物置で、物がたくさん入っていました。
計画時には予定していなかった工事のため、費用はAホームさんが負担。
再建築もできると言われましたが、
母屋の台所が明るくなったし、物置があると余計に物が捨てられないので、
お願いしませんでした。
裏道に出る階段も、使いやすくなりました。
でも小ぶりな物置は、いずれ買うことになりそうです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 愛犬家住宅へ

スポンサーサイト

PageTop

リクシルのショールーム 3

キッチンは自分の好みで選べたので、
ささっと決めて、次はトイレのコーナーへ。

便器はオフホワイト、ベーシアVXシャワー・リフトアップ付。
超節水ECO6で、フルオート便器洗浄機能も付いていました。
自動洗浄は、たぶん使わないと思います。
機械に勝手に判断されるのって、なんかイヤ。

杉の無垢材でカウンターを作ってもらい、
鏡と信楽焼の手洗器を付けることにしました。

洗面化粧台は、リクシルの三面鏡、900幅のもの、
扉の色はグロスホワイトを選びました。

サッシは、複層Low-EガラスのSimphony woody。
枠は、外側がアルミで色はシャイングレー、
内側は樹脂で、壁の色に合わせてホワイトにしました。

玄関扉は、2枚建戸のエレンゼPG、
木目調のミルブラウンというカラーを選びました。
縦通しのデザインがすっきりしていて、
内側に適度に光が入って、明るくなりそうだったから。

事前にネットで調べて、あれこれ考えていたとはいえ、
たくさんのことを半日で決めたので、へとへとになりました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

リクシルのショールーム 2

私たち夫婦は、ユニットバスのアクセントパネルの色選びで、
かなり時間を使ってしまいました。

キッチンのコーナーでは、最初にICさんに、
「ご主人様は、普段お料理はなさいますか?」と聞かれ、
主人が「いいえ」と答えると、
「じゃあ、キッチンは奥様のお好みで選ばれたらいいですね」
と釘を刺してもらって、うれしかったです。

キッチンはサンウェーブのamiy、扉の色はシフォンオレンジ、
ワークトップとシンクは、スムースドットエンボス加工のステンレス、
食洗機はパナソニックの浅型にしました。

水栓はハンドシャワーで浄水機能がないタイプ。
ガスコンロはリンナイのガラストップ3口コンロ、グリル付、
レンジフード連動なし。
レンジフードはお手頃のADRという機種です。
連動していたほうが便利なんでしょうけど、
自分でやりたいから。

コンロ前のパネルは、プレーンホワイトにしました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

リクシルのショールーム 1

リクシルのショールームで、ICさんと一緒に、
ユニットバス、洗面台、キッチン、トイレ、
サッシの枠の色や玄関ドアを選びました。

Aホームさんの標準仕様で、特に問題なさそうだったので、
ユニットバスは、La・BATHの1618に決定。

ドアは片引き戸です。
白い収納棚3段は、使わない気がして付けないことに。
鏡は縦長装飾ミラーにしました。

浴槽の形や床の色、照明などは、わりとすぐに決まりましたが、
一面だけ入れるアクセントパネルの色は、
主人と私の意見がなかなか合いませんでした。

模型でシュミレーションをしてもらって、さんざん悩んだ挙句、
展示に使われていたポテチーノベージュを選びました。
「目立たないけど、上品で飽きがこなくていい感じ」と、
やっと意見が合いました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

住宅設備決め

契約を結ぶと、住宅設備など、
細かい仕様を決める打ち合わせが始まりました。

女性のインテリアコーディネーターさんと、
いろんなことを決めていきました。

何から決めたか、覚えていませんが…、
次々に「どれになさいますか?」と
提案してくださるものの中から選んでいきました。

杉のうづくりの床材には、
天然色のナチュラルと、焼き杉の黒、
かすかに緑がかったアンティークがありました。
マンションを購入するときは、
床や建具の色をダークブラウンにしましたが、
年を重ねたせいか、明るい色のほうがいいと思うようになったので、
ナチュラルにしました。

建具の色は、杉の木の色がだんだん深まっていくと聞いたので、
それに似た色を選びました。

キッチンやユニットバス、洗面台やトイレは、
リクシルのショールームで決めているとのこと。
特別なこだわりはなかったので、施主支給にはせず、
後日ショールームで実物やカタログを見ながら、
時間をかけて選びました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。