心地の良い場所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

愛犬と楽しく暮らす家・床

りんりん

今住んでいるマンションのフローリングは、
犬の足には良くありません。
そのため、ジョイント式のコルクマットを敷いています。
でも、敷いたばかりの頃より、滑っているような…

愛犬と楽しく暮らすには、どんな床が良いのか考えました。
タイルが良いというのは知っていますが、
寒がりな私はタイルは苦手です。
固くて、膝にも負担がかかりそう…
洋風すぎて、落ち着かない気がするし。

Aホームさんのモデルハウスで出会った「うづくりの床」は、
木の表面を丁寧にこすり、年輪を浮き上がらせたもの。
足の裏を心地よく刺激してくれるし、
犬の足でも滑りにくそうでした。
もしかしたら、住んでいるうちに滑るようになるかもしれませんが、
その時は、敷物でカバーすれば良いと思いました。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

愛犬と楽しく暮らす家 ・インナーテラス

日向ぼっこ
愛犬は、やんちゃな雌のイタリアングレーハウンドです。
日向ぼっこが大好き。
暑さにはそこそこ強いけど、毛が短いので寒いのは苦手なんです。

室内犬を飼うのは初めてだったので、
どの犬種が自分たちの生活に合いそうか、ネットで調べまくりました。

私は寒がりで、クーラーは苦手です。
毛がふさふさの犬は、合わないと思いました。
犬アレルギーの家族はいませんが、
アレルギー性鼻炎と結膜炎、季節によっては皮膚炎が出ることもあるので、
なるべくアレルギーになりにくい犬種を探しました。

イタリアングレーハウンドが候補に挙がりましたが、
このあたりでは見かけたことがありませんでした。
ブログやブリーダーさんのホームページを読むうちに、
「絶対このタイプの犬がほしい!」と思うようになって、
近県のブリーダーさんを訪ねてみました。

実際に見せていただくと、とても賢そうでかわいらしく、
子犬が産まれるのを待ちましたが、
一番信頼のおけそうなイタグレ専門のブリーダーさんのところでは、
なかなか産まれませんでした。

二番目に良い環境で繁殖していると感じた、
ミニチュアダックスやプードル、イタグレを繁殖させているブリーダーさんがいたので、
そこで産まれた子犬を家族として迎えました。
元気で人懐こい、我が家の愛犬。
今では、家族皆から愛される、かけがえのない存在となりました。

愛犬が気持ちよく日向ぼっこしたり、
良い子でお留守番できる空間を作りたいと思い、
インナーテラスを作ることにしました。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

平面図3

平面図3
すみません。
見にくいと思いますが、こちらが平面図3です。

ウッドデッキの形をシンプルにしてもらいました。
リビングに収納が増えて、使いやすそうです。

でもロフトのLDK側が、格子の柵になっているので、
これだとLDKを温めたときに暖気が上部に逃げやすいですよね。
家全体をペレットストーブで温めたら気持ちいいけど、
コストがかかりそうだし、
人のいないロフトまで温める必要はないと思うので、
壁にして内窓を設け、ワーロン紙製の障子を付けてもらうことにしました。

洗面台は幅120の提案でしたが、
90にして収納を増やしてもらいました。
つい物を出しっ放しにしてしまうので、
置くところがないほうがいいかなと思って…。

給湯とコンロは、最初からプロパンガスを希望。(都市ガスのエリア外)
IHは、どうも好きになれなくて、ガスにしました。
お客さんが来たり、息子たちが帰省したりしても、お湯がなくなる心配もないし。

住み始めてからの生活を想像しながら、
細かいことを決めていきました。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

自分にとって住みやすい家

幼いころから、家の間取りを考えるのが好きでした。
私が住んでいたのは、戦前に建てられた店舗を兼ねた住宅。
増築やリフォームはしていたけれど、和室がつながっていて、
どこにいても家族の気配が感じられて…
淋しくないのはいいけれど、なかなか一人になれない家でした。
二階の端に増築した子供部屋は、
コンクリート造りで、夏は暑くて冬は寒い場所。
それでも、一人でこもって本を読むのが好きでした。

同級生の家が新築され、餅投げに参加したり、
出来上がってから遊びに行かせてもらったりしました。
うらやましかったなぁ…

いつかは建て直すはずと思っていた実家は、
今も両親が住んでいます。
二重窓にしたり、IHを導入してオール電化にしたりしながら、
築七十年をすでに超えてしまいました。

私たち夫婦は、マンションを購入した時点で、
もう家を建てることはないと思っていましたが、
離れを建てることになりました。

幼いころからの願望が形になるのは、とてもうれしいこと。
そして、家にいるのが好きな私にとって、
住まいはとても重要なもの。
離れが「心地の良い場所」になるよう、
自分なりに調べたり、考えてたりして頑張りました。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

平面図 2

Aホームさんが、次の打ち合わせ時に平面図2を示してくださいました。

前回と違うのは、ペレットストーブの位置やトイレの向き、収納の位置など。
キッチンから廊下に出る扉や、玄関収納の片方の扉、
ロフトの扉を無くしたり、ロフト部分を縮小したり…。

それでも、まだ大きな窓がたくさんあったし、
ウッドデッキを小さくしたくなったので、
もう一度、手直ししてもらうことになりました。

話し合っているうちに、いろいろな案が出てきて、
時間は長引いてしまいましたが、
楽しい打ち合わせとなりました。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

平面図 1

平面図 1

上の画像は、Aホームさんが私たちの希望を聞いて、最初に示してくださった平面図1。
東西南北の立面図や配置図もありました。

全体的には、いい感じ。でも…

・ペレットストーブの位置は、LDの真ん中のほうが良いかな。
・トイレの前が、なんかすっきりしてない。
  ここの収納はなくてもいいかも。
・ロフトは、こんなに広いと掃除が大変。
・全体的に窓が多すぎて、落ち着かない気がする。
 出かけるときの戸締りも面倒。
・扉が多くて、費用が高くなりそう…

私たちの要望を伝え、次の打ち合わせの時に、平面図2を提示してもらったのでした。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

Aホームさんとの打ち合わせ

希望の間取り図
平成24年春、Aホームさんとの打ち合わせが、
隣町にあるモデルハウスで始まりました。

建物に入ると、杉の木の良い香りがします。
他社のモデルハウスでは感じることのなかった、
なんとも言えない心地よさ。

すぐに慣れてしまうのですが、行くたびに
「やっぱりAホームさんにお願いして良かった」と、
思ったものです。

間取りは、自分なりに考え抜いたものをお見せし、
手直ししていただきました。

・平屋
・年を重ねても住みやすい、夏涼しくて、冬寒くない家。
・片付けがしやすいように、収納を付けたい。
・対面キッチンで、LDKにつながる犬のためのインナーテラスを希望。
・リビング前に、ウッドデッキがほしい。
・洗面所は広めで、洗濯物が干せるようにしたい。
・トイレはゆったりした作りにしたい。
・寝室は、引き戸で二つに仕切れるようにしたい。
・ペレットストーブを置きたい。
・ロフトを付けたい。

などなど…、要望を伝えました。

私たち夫婦と営業さん、設計担当さんとの打ち合わせは楽しく、
あっという間に時間が経ってしまいました。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

久しぶりの更新

ずいぶんと長い間、ブログを放置してしまいました。
家作りや仕事、趣味で忙しく、書く余裕がなかったのです。

昨年末に、家の引き渡しは終わりました。
現在、外構工事が進行中です。

やっと、また続きを書いてみようという気になったので、
思い出しながら更新していきたいと思います。

昨年は、「心地の良い場所」がほぼ完成し、
仕事と趣味では評価していただけて、
とても有意義な一年となりました。
年女だったし…、平成24年は、忘れられない年になりそうです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。