心地の良い場所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お散歩が楽しい街

20130220165119.jpg
愛犬との散歩が、私の日課になっています。
家族は他にもいるんだけど…な。
この町は歩道が広いから、犬の散歩がしやすい。

20130220162832.jpg
いろんなところに階段があって、
階段を上ったり下りたりするのが大好きな愛犬にとって、
最高の環境かも。
じっとしてないので、上手に写真が撮れません…。
後ろ向きの写真ばっかり。

20130220164805.jpg
お耳がひっくり返っちゃって、何考えてるのかな?
引っ越しはまだ1年くらい先だから、
この坂や階段の多い街での散歩を、
一緒に楽しめそう。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

きれいな基礎


この状態で見ると、なんだか狭く感じます。
まだ平べったいからなんでしょうね。

コンクリートがきれいだなんて、
思ったことはありませんでしたが、
この写真は、美しいなと思いました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

基礎工事が進行中

20121002_080307_convert_20130224210030.jpg

平成24年夏から、基礎工事が進んでいきました。
春から母屋に住んでいる主人が、
時々写真で進捗状況を報告してくれます。

一度、基礎の捨てコンクリートを入れた時点で、
図面と違い、母屋とくっ付き過ぎていたので、
やり直してもらいました。

そのため、少し工事は遅れましたが、
主人が気づいて指摘してくれてよかったです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

窓際で居眠りする愛犬

20130221124830.jpg

南向きの窓際で、寝ている愛犬。
気持ちよさそうです。

来年から暮らす離れのリビングとインナーテラスも南向きだから、
おひさまが照ってぽかぽかしたら、同じように居眠りするのかな?

複層Low-Eガラスって、紫外線は通さないらしいけど、
太陽のあったかさは、窓際で感じられるんだろうか?

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

家の外観

家の形は、決まっていましたが、
屋根や外壁の色の選び方によって、
雰囲気は変わってきます。

決めるために、数カ所の住宅地を回ってみました。
どんな感じの家が好きなのか、
実物を見ながら夫婦で話し合いました。

建てられた時期によって、
家の外観にも流行があるようです。


建築する離れのすぐ横にある母屋は、
28年前、地元工務店で在来工法によって建てられました。
外観は、私の感覚では純和風ですが、和洋折衷風とのこと。

母屋とのバランスも無視できませんが、
自分たちの好きなものにすればいいと思って、
決める前は、出かけると家の外観ばかり見ていました。
それまでは、注意深く見ることはなかったのに…

いろいろ迷って、太陽光パネルを載せることも考えて、
屋根は三州瓦の平板・マットブラック、
ベルアート仕上げの外壁は、灰色がかった薄いベージュにました。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

寒くてもベランダに出たい

20130219144852.jpg

マンションのベランダで、
2月の寒い日に強がって座っている愛犬の姿です。

山に囲まれているにもかかわらず、
たくさんの人間や犬猫などが暮らしている町なので、
4階のベランダから、その動きを観察するのが大好きなんです。

散歩する犬や、フラッと立ち寄り羽を休める野鳥、
小さな虫たちの姿を見つけると、
すぐ興奮してしまう愛犬。
吠えると抱っこされ、部屋の中に戻されます。

こんな生活も、あと1年と少し。
新しい家での暮らしは楽しみだけど、
ここでの充実した生活を終えるのは、
やっぱりさびしいなぁ。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

地鎮祭

北側斜面の整備が何とか終わり、
平成24年6月吉日、地元の神社の神主さんに来ていただき、
地鎮祭をおこないました。

私たちは、神主さんにお渡しするお包みと、
一升瓶の日本酒を用意したくらいで、
他のものはすべて、Aホームさんが用意してくださいました。

大きな鯛や野菜などのお供え物は、
神主さんが用意してくださり、
終わった後「家族みんなで食べてください」と言われたので、
ありがたくいただきました。

建築工事が無事に終わることと、
ここでの暮らしが平穏で楽しいものになるよう、
神様にお願いしました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

リクシルのショールーム 3

キッチンは自分の好みで選べたので、
ささっと決めて、次はトイレのコーナーへ。

便器はオフホワイト、ベーシアVXシャワー・リフトアップ付。
超節水ECO6で、フルオート便器洗浄機能も付いていました。
自動洗浄は、たぶん使わないと思います。
機械に勝手に判断されるのって、なんかイヤ。

杉の無垢材でカウンターを作ってもらい、
鏡と信楽焼の手洗器を付けることにしました。

洗面化粧台は、リクシルの三面鏡、900幅のもの、
扉の色はグロスホワイトを選びました。

サッシは、複層Low-EガラスのSimphony woody。
枠は、外側がアルミで色はシャイングレー、
内側は樹脂で、壁の色に合わせてホワイトにしました。

玄関扉は、2枚建戸のエレンゼPG、
木目調のミルブラウンというカラーを選びました。
縦通しのデザインがすっきりしていて、
内側に適度に光が入って、明るくなりそうだったから。

事前にネットで調べて、あれこれ考えていたとはいえ、
たくさんのことを半日で決めたので、へとへとになりました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

リクシルのショールーム 2

私たち夫婦は、ユニットバスのアクセントパネルの色選びで、
かなり時間を使ってしまいました。

キッチンのコーナーでは、最初にICさんに、
「ご主人様は、普段お料理はなさいますか?」と聞かれ、
主人が「いいえ」と答えると、
「じゃあ、キッチンは奥様のお好みで選ばれたらいいですね」
と釘を刺してもらって、うれしかったです。

キッチンはサンウェーブのamiy、扉の色はシフォンオレンジ、
ワークトップとシンクは、スムースドットエンボス加工のステンレス、
食洗機はパナソニックの浅型にしました。

水栓はハンドシャワーで浄水機能がないタイプ。
ガスコンロはリンナイのガラストップ3口コンロ、グリル付、
レンジフード連動なし。
レンジフードはお手頃のADRという機種です。
連動していたほうが便利なんでしょうけど、
自分でやりたいから。

コンロ前のパネルは、プレーンホワイトにしました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

リクシルのショールーム 1

リクシルのショールームで、ICさんと一緒に、
ユニットバス、洗面台、キッチン、トイレ、
サッシの枠の色や玄関ドアを選びました。

Aホームさんの標準仕様で、特に問題なさそうだったので、
ユニットバスは、La・BATHの1618に決定。

ドアは片引き戸です。
白い収納棚3段は、使わない気がして付けないことに。
鏡は縦長装飾ミラーにしました。

浴槽の形や床の色、照明などは、わりとすぐに決まりましたが、
一面だけ入れるアクセントパネルの色は、
主人と私の意見がなかなか合いませんでした。

模型でシュミレーションをしてもらって、さんざん悩んだ挙句、
展示に使われていたポテチーノベージュを選びました。
「目立たないけど、上品で飽きがこなくていい感じ」と、
やっと意見が合いました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

住宅設備決め

契約を結ぶと、住宅設備など、
細かい仕様を決める打ち合わせが始まりました。

女性のインテリアコーディネーターさんと、
いろんなことを決めていきました。

何から決めたか、覚えていませんが…、
次々に「どれになさいますか?」と
提案してくださるものの中から選んでいきました。

杉のうづくりの床材には、
天然色のナチュラルと、焼き杉の黒、
かすかに緑がかったアンティークがありました。
マンションを購入するときは、
床や建具の色をダークブラウンにしましたが、
年を重ねたせいか、明るい色のほうがいいと思うようになったので、
ナチュラルにしました。

建具の色は、杉の木の色がだんだん深まっていくと聞いたので、
それに似た色を選びました。

キッチンやユニットバス、洗面台やトイレは、
リクシルのショールームで決めているとのこと。
特別なこだわりはなかったので、施主支給にはせず、
後日ショールームで実物やカタログを見ながら、
時間をかけて選びました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

地盤調査

20130214103904.jpg

建築予定地の地盤は、7年前にS林業さんで調べてもらっていたので、
大丈夫だろうと思っていましたが、
やはり改良の必要はないとのこと。
ホッとしました。

水道は母屋とは別に道路から引かなければならなかったり、
母屋の単独浄化槽を埋め、新たに合併浄化槽を設置したり、
宅地を買う費用は不要ですが、いろいろと出費がかさみそうです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

北側斜面の整備

離れを建てるには、北側の斜面が崩れないように整備する必要がありました。
家の裏側になるところで、建ててしまえば目立たない場所です。

知人に頼むと、相場よりもかなり安かったので、
美しい仕上がりは期待せず、お願いしました。

急に工事が始まったと驚いていたら、
何週間も放置され…
安いだけあって、本業の合間にしか作業してもらえず、
さらに、きれいにできなかったところをやり直したりして、
なかなか工事が終わりませんでした。

主人が何度も連絡してせかしたり、
Aホームの担当さんとも直接話し合ってもらいましたが、
当初の予定よりかなり遅れて整備が終わりました。

出来栄えも、当然よくはありません。
安いって、こういうことなんですよね。

私はまだ建築予定地に住んでいないため、
直接かかわることはなく、
建築申請の許可がおりさえすればいいと思っていたので、
あまりイライラしませんでした。

主人は、かなりストレスがたまったようです。
お疲れさまでした…。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

安ければいいってもんじゃないし…

主人はどこまで粘るんだろう…

何度目かの交渉の後、出された価格の確認が終わり、
向かい合って座っている担当さんたちと私たち夫婦の間に、
沈黙の時が流れました。

・・・・・・
それを破ったのは、私でした。
主人に「いいんじゃない?」と言い、
契約を促しました。

もしかしたら、もっと値切ることはできたかもしれません。
でも、それでどこかにしわ寄せがいったかもしれません。

気持ちよく仕事をしていただきたいし、
Aホームという会社と、担当さんたちを信頼していたので、
私としては、もう十分だと思ったのです。

主人は、しぶしぶという感じでしたが、
納得していたんだと思います。

こうして昨年の5月に、
私たちはAホームさんと契約を結びました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

交渉してみました

主人も私も注文住宅を建てるのは、初めてです。
ハウスメーカーとの価格交渉で、
本気で建てようという段になって、
どの程度までなら応じてくれるのか、
よくわかりませんでした。

主人は粘り強いので、
価格が提示されてから、
確か3、4回は交渉を重ねたと思います。

建材メーカーの社長さんからの紹介ということで、
元々少し値引きをしてもらっていましたし、
交渉したことで、担当さんたちが頑張って値引きしてくれたと、
私は感じました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

価格割引交渉

最初に提示された価格で建築契約を結ぶ人は、
ほとんどいないでしょう。

「家に帰って検討してみます」と言って、その後二人で話し合いました。

私は、他の会社にお願いする気はありませんでしたが、
主人はもっと安くて良いところがあれば、
Aホームさんを断るつもりでした。

主人は、とりあえずこのままの内容で、価格を値切ることしか考えていません。

私は、こちらの出した要望がきちんと入っているか、
お見積書の明細をチェックしてみました。
すると、漏れているものはありませんでしたが、
以前提案してくださった内容のままになっている部分がありました。

浴室乾燥機代が入っていたり、
エアコンのコンセント数が4なのに6になっていたり、
IHをガスコンロにしたのに、配線取り付け費が残っていたり…

まぁこのくらい減ってもたいした金額の変動はありませんが、
不要なものは項目からきちんと削除してもらわないと、
すっきりしませんから。

1週間後の打ち合わせでは、それらを訂正してもらって、
こちらからの質問に答えていただきました。

その後、担当さんは建物価格から〇〇円の値引きを提案してくださいました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

建物価格と別途工事代

建物価格は、カーテン・照明器具の予算も含めての価格でした。
予想通り、以前見積もってもらった大手ハウスメーカーよりは安かったものの、
平屋ってやっぱり割高だなぁと思いました。

建築を先延ばしにしてて、消費税が上がったら、さらに高額になるのね…

別途工事代として、太陽光発電・浄化槽・ウッドデッキ・外構の費用が別枠にあり、
かなりの額が提示されていました。

総額を見て、「うーん」と考え込んでしまったのです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

外構

建築予定地は、車がないと不便です。
バスに乗ったことはありませんが、
バス停は山を下りた、4kmあまり先にあるようです。
スーパーやコンビニはさらに遠く、6~7km先。

車2台を家の前に置きたいので、土のままというわけにもいかず、
かといって、きっちりコンクリートで作ってもらうと、
夏は焼けて暑いかな…と思いました。

母屋に広い庭があるので、木は植えなくていいですと伝え、
とりあえず、道路との境から1mくらいをコンクリートで、
残りは芝生を植えてもらうことにしました。

さぁ、これで総額はいくらだと言われるのでしょう。
支払える金額だといいのですが…

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

エアコン

今住んでいるマンションでは、エアコンを使っていません。

夏は、風がよく通るので、窓を開けっぱなしにしています。
すごく暑いときは、保冷剤を首やおでこに巻いたりして、しのぎます。

冬は、遠赤ヒーターを使っています。
昼間、晴れていれば、南向きの大きな窓があるリビングは、
温室のように暖かくなります。


一戸建てだと、エアコンが必要になってくるかもしれませんが、
とりあえず、LDと寝室、ロフトに専用コンセントを付けるだけにしました。

電化製品は、どんどん新機種が発売になるので、
住み始めて不便を感じてから買ったほうがいいかなと思って。

隠ぺい配管にすると買い替えの時に面倒くさそうだし、
見えていても気にならないので。

初期費用を少しでも減らして、夢を現実に近づけたいと思いました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

ペレットストーブ

いつからか、ストーブの炎を見ながら
冬を過ごしたいと思うようになりました。

そういえば、子どもの頃から、
キャンプファイヤーやろうそくの火を見るのが好きでした。

主人に誘われ立ち寄ったBの家さんでは、
薪ストーブやペレットストーブの心地よい暖かさに癒され、
「こんなのがあったらいいね」と語り合いました。

私の友人が住宅を建てたので、見せてもらいに行くと、
庭には薪が積まれ、開放感あふれるリビングには、
なんと薪ストーブが!!
それなのに、付いてるのはエアコンで、あまり暖かくありませんでした。
「主人がいるときしか使ってないのよ」とのこと。

薪ストーブを使ったおいしい料理に憧れましたが、
あきらめて、ペレットストーブの設置を考えるようになりました。


Aホームさんでは、ペレットストーブを付けたことはないけれど、
加盟している協会お薦めの
ドイツ・オルスバーグ社のリベラプラスを提案してくれました。

国産のペレットストーブも考えましたが、
使い勝手が良さそうだったので、リベラプラスに決めました。

IPROS2674767109332858290_220x220.jpg


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

キッチン

今使っている対面キッチンは、カウンターの高さが低いため、
洗い物をしていると、カウンターに水がかかることがあります。
そのため、高さを103cmにしてもらいました。

吊り戸棚は、私には使いにくく、圧迫感もあるので省きました。
使いやすいように下げて使える吊戸棚もありましたが、
ないほうが明るいし、コスト削減もできますから。

物を増やさず、すっきりと片付いた空間で暮らせるようになりたいな。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

トイレ

一日に何度も入る小部屋…
トイレでは、落ち着いて過ごしたいものです。

幼い頃、何度も断水を経験したため、タンク付きを選びました。
杉の木のカウンターに、陶器の手洗いを付け、
少し広めの空間にしてもらいました。

ドアは引き戸です。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

浴室の大きさ

今使っているお風呂は、1417というサイズです。

担当さんから、
「1坪タイプの1616だと、洗い場の幅が今より狭いので、
 窮屈に感じるかもしれません」とアドバイスされ、
1618タイプを選びました。
私としては狭いほうが良かったのですが…
主人は大きめが希望だったので。

浴室乾燥機や暖房は、今のところ必要なさそうなので省きました。
もうちょっと年を重ねたら、欲しくなるかもしれませんね。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

給湯設備

給湯設備は、エコジョーズを選びました。

建築予定地は、プロパンガスのエリアだからか、
母屋では灯油の給湯器を使っていますが、
臭いが気になるので、ガス給湯器にしました。

エネファームにも興味はありましたが、
補助金を差し引いてもまだ価格が高いのと、
お湯を溜めておくのは好きじゃないため、
見送りました。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

太陽光発電

離れの建築予定地は、比較的雨の少ない地域です。
Aホームの担当さんから、
「太陽光発電の設置は、投資としてお薦めです」と言われました。

確かに、銀行にお金を預けても利息はスズメの涙です。
お金を借りて家を建てる私たちが預けるお金なんて、
わずかばかりですが…

国のエネルギー政策によって補助金もあるし、
電力会社が10年間は高めの価格で買い取ってくれるなら、
付けようということになりました。

何社か候補を挙げてもらった中で、
パワーコンディショナーを家の外壁に取り付けられるのは、
シャープだけだったので、それに決めました。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

立面図

家の外観は、屋根のかけ方でずいぶん雰囲気が変わると思います。
太陽光発電の設置を薦められ、南側に5Kw以上のせるという提案で、
このような形状になりました。

外壁をどんな感じにするか…
サイディングは、あまり好きではありません。
かといって、昔の蔵みたいな白い漆喰にすると、
汚れが目立ちそうです。

塗装用のサイディングを採用することも考えましたが、
平屋ということもあり、外周壁構造はラスモルタル下地、
塗装はベルアート仕上げを選びました。

20130207094947.jpg
20130207094813.jpg

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

平屋に住みたい理由

私は、うっかり屋です。
出かける時、玄関を出てから忘れ物に気づいたり、
リビングから寝室に行って「何しにきたんだっけ?」と考えてしまったり…

2階にも生活空間があると、たぶん一日に何度も上がったり下りたりするでしょう。
運動になって良いとは思いますが、年を重ねるとそれが苦痛になりそうです。
実家の母は膝が悪くなってから、もう何年も2階に上がっていません。

暮らすなら、「平屋」がいい。
マンション暮らしをしていると、余計にそう思うようになりました。
コストがかかるのは知っていましたが、
そこは妥協できませんでした。

将来、もし母のように足が不自由になっても、
なるべく自分の家で暮らしたいな。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop

どこまでこだわる?

20130113144601.jpg

無垢の杉の木と漆喰を使って、家を建てたい。
けれど、かかる費用のことを考えると、
全部というわけにはいきませんでした。

ドアや収納の扉など、建具はパナソニックの商品から選びました。
床は、インナーテラス以外、階段も含めて全部宮崎県産の杉で、うづくりです。
1階は38mm、ロフトは15mmを使うとのこと。
キッチンカウンターやパソコンカウンター、収納の棚(クローゼットを除く)、
吹き抜けの梁、窓枠などもうづくりではありませんが、杉の無垢材です。

乾燥させるとき、クラシック音楽を聴かせ、
じっくり常温熟成している「生きた素材」なんだとか。
心地よさを感じるのは、そのためなんでしょうね。

壁は、天井や収納の中まですべて漆喰です。
白以外も選べるようですが、全部白にしました。

構造材は、桧、米松、杉、エンジニアリングウッド、
鋼製束、鋼製金物、ダイライトなどだそうです。

断熱材は、壁や天井は高性能グラスウールを使い、
床下は再生紙を使った次世代断熱材を使うとのこと。

もっと高い断熱機能を持ったものもあるのでしょうが、
コストアップはつらいので、Aホームさんの標準タイプでお願いしました。

窓は、断熱性・遮熱性に優れ、紫外線もカットするLOW―E複層ガラスで、
室内は樹脂形材・室外にアルミ形材を採用した、
アルミ樹脂複合サッシにしました。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。